北海道経済を元気にするのがコンセプト

エアドゥは1998年に運航を開始しましたが、現在も含め、当時の北海道は鉄道では行きにくく、また県内でも飛行機での長距離移動が当たり前でした。

そのため地元のために航空機を利用することが経済活性のチャンスになるという考えがあり、大手の航空会社3社による寡占状態を打破する必要がありました。

北海道民のための航空会社の設立を目指して様々な方面で出資を取り付け、コストカットにより大手の6~7割程度の低運賃を実現した上で定期便を就航させました。

このコストカットは後のLCCの機内サービスを作るヒントになるものです。

その後は経営不振によりANAの支援を受けつつも、少しずつ知名度が高まり、北海道の翼としての役割を果たしています。

機内に入ると北海道の空気を感じます

エアドゥの飛行機に搭乗すると、季節ごとに装いが変わるマスコット「ベア・ドゥ」が目に入ります。

機内には北海道の観光やグルメ情報が得られる雑誌が置いてあり、旅行の期待感が高まっていきます。

その後離陸すると、飛行中の1~2時間で機内販売やドリンクサービスが行われ、じゃがバタースープやサッポロビール、北海道ワインを飲むことで早くも北海道の味を堪能することができるでしょう。

道民に対するサービスも充実しており、北海道に住む方向けの道民割引、セイコーマートでのコンビニ支払いなど、北海道を大切にする姿勢が感じられます。

新しい定期路線の開発にも力を入れていることから、北海道と日本各地を結ぶ交通手段としてその重要性はこれからも増していきます。

北海道旅行の際には北海道の翼、エアドゥを利用してみませんか?

エアドゥのチケット予約サイト

・・ ピンポイントにフライトを指定

エアドゥならかなり運賃も安い

飛行機を使って旅に出るときにはエアドゥを使って旅に出るのが良いでしょう。

北海道からの出発便だけでなく全国の主要都市を結ぶ便も存在するので北海道旅行の際には、費用を節約するための強い味方となります。

事前割引を適用することで大幅な割引が受けられるので、正規航空運賃で使うよりもかなりの節約になります。

機内サービスも格安運賃ながら用意されているので、自由に飲み物を頼むことが可能です。

エアドゥは主要都市から北海道までを結ぶ便ならかなりの数が就航していますから、お好きな時間帯に便が無いか調べてみましょう。

あった場合には早めに座席を抑えておくことでこれからの旅行がより楽しい物へと変化していきます。

エアドゥなら経済的な旅行が可能です。

ホームページ上でらくらく予約

エアドゥの予約方法は電話予約にも対応していますが、もっと便利な予約方法があります。

それは公式サイト上から予約する方法です。

サイト上からならば希望日を入力して利用人数を入力するだけでその日のどの時間帯に便が空いているのかを確認できるので、簡単な空席確認も可能です。

万が一空席がなかったらキャンセル待ちも出来ますが、他の時間帯の便を探すことで確保できることもあります。

エアドゥは予約サイトから予約する方法ならスマホからでもできますので、外出先で旅程を立てる場合に、あるいは友人同士でどの便に乗るのかを打ち合わせする場合には、公式サイト上かららくらく予約をしましょう。

かなり前に予約すれば割引率も高くなります。

搭乗手続きと必要なもの

エアドゥの搭乗手続きは、自動チェックイン機で行うことができます。

手続きの際に必要なものは、購入方法により異なります。

具体的には決済に使用したクレジットカード、QRコード付きADOeチケットお客様控、確認番号と予約番号の三種類のうち、どれか一つが必要となります。

ただし、運賃によっては自動チェックイン機による手続きが行えない場合もあります。

その場合は、空港カウンターで手続きを行うことになるので、気をつけましょう。

また、この手続きはスキップサービスを利用することで省略することができます。

このサービスがあれば、自動チェックイン機やカウンターが混雑していても、スムーズに保安検査場まで行くことができるので、利用するのも一つの方法です。

注意するべき時間と忘れ物

搭乗手続きの際に気をつけなければいけないことは、大きく分けて二つあります。

一つは時間です。

航空券の購入など、搭乗手続きは出発時刻の20分前までに済ませる必要があります。

その後に向かう保安検査場は15分前までとなっているので、余裕をもって手続きを行いましょう。

もう一つは、先にも述べましたが、手続きの際には必要なものがあるということです。

忘れないように注意する必要があります。

ですが、もしも忘れてしまった場合でも、搭乗できないわけではありません。

その場合は、カウンターで手続きを行うことができます。

このとき、パスポートや運転免許証、健康保険証といった本人確認ができるものが必須となります。

万が一に備え、こちらも忘れずに持っていきましょう。

選べるドリンクサービス

エアドゥのドリンクサービスには有料メニューと無料メニューがあり、とても充実したラインナップとなっています。

有料メニューには、北海道産のお米を使用しほんのりピリ辛で具だくさん雑炊や、ビール、ワインがあります。

アルコールにはチーズも付くのでおつまみには最適です。

無料サービスとしては、オリジナルブレンドコーヒー、オニオンスープ、ミネラルウォーターなどが楽しめます。

さらに、札幌~東京間の平日始発便に限りモーニングサービスでオニオンブレッドが食べられます。

どのメニューもエアドゥの拠点である北海道の食材を使用しており、こだわりあるメニューが提供されています。

機内では何を食べようか、何を飲もうかと考えるだけでもエアドゥに乗るのが楽しみになりそうです。

メニューだけじゃない!充実した機内販売

エアドゥはメニューだけでなく、機内販売されているオリジナルグッズも北海道にこだわっており、豊富なアイテムを取り揃えています。

温度で色が変わるマグカップやコンパクトなランチボックス、3色のフリクションボールペンなど実用的なグッズが多く販売されています。

北海道の馬油でできたスキンケアセットや大容量のエコバッグも販売しており、旅行先などですぐに使えるのも嬉しい点です。

エアドゥのマスコットキャラクター、ベア・ドゥのぬいぐるみも購入できるので友人や家族へプレゼントにもってこいです。

それぞれのグッズにはベア・ドゥがあしらわれており、とてもかわいいデザインとなっています。

かわいらしいグッズとともに空の旅を満喫してみるのも一つの楽しみ方です。

座席指定の方法とは?

エアドゥの公式ホームページ上で、必要事項を記入することで座席を指定できます。

まず搭乗日、予約番号、便名、名前などを記入しましょう。

次に進むと、予約内容の詳細が表示されるので、「座席指定」のボタンをクリックしましょう。

画面にシートマップがあらわれ、空席は青色になっています。

その中から座席を選択しましょう。

当日に予約がキャンセルされ良い席が空く場合があるので、気に入った席がなくても「窓側」や「廊下側」などは最低限指定しましょう。

また、座席の指定はホームページ上だけではなく、当日に空港の受付カウンターや自動チェックイン機でも行うことが出来ます。

指定した座席の変更も可能なので、十分に吟味し快適な座席を探してみて下さい。

エアドゥの座席の料金について

エアドゥでは様々なチケットが販売されています。

まず、「AIRDOスペシャル」というチケットは、早めに予約をするほど他の航空会社のチケットよりも割安で購入出来るものです。

AIRDOスペシャル75・55・45・28・21、DOバリュー3・1まで種類があります。

また特定便小児割引というチケットは、特定便割引運賃を満3歳以上12歳未満の小さな子供が予約した場合に適応されます。

さらに、北海道の航空会社ならではの特殊なチケット「北海道割引」もあります。

北海道割引には2つの種類があり、1つは、30日以内に往路が北海道発で復路が北海道着の時に予約すると割引になる「北海道発往復運賃」で、もう1つは、北海道在住または本籍が北海道の人、さらに北海道に本社がある企業に勤めている人が利用出来る「道民割引」などがあります。

その他にも、就活中の学生やお年寄り向けのチケットなどを販売しており、バリエーション様々です。

スキップサービスって何?

スキップサービスとはANAの登録商法で、ANA国内線で利用できるサービスになります。

これを利用すると通常よりも早く搭乗手続きが済むというとても便利なものになります。

本来搭乗手続きというのは20分前までに自動チェックイン機で搭乗券を購入、特別な場合に搭乗手続きカウンターにて搭乗券を購入するかのどちらかになります。

しかしスキップサービスを利用すると、この20分前に搭乗券を買う工程をスキップすることができます。

どうやるかと言いますと予めコンビニや携帯、PC等で搭乗券を買いホームページでQRコードを取得します。

その取得したQRコードを保安検査場に行くときに利用することで窓口や自動チェックイン機に行く時間を短縮することができます。

皆さんもこのとても便利なスキップサービスを是非利用してみましょう!

スキップサービスで、心と時間に余裕を

みなさんは空港であと5分!あと5分あれば!!ということを経験したことがありませんか?私は遠出をするのにたまに飛行機に乗ることがあり毎回のように時間の配分をミスり、あと5分あれば!というような経験をして苦い思いをしてしまいます。

そこでこのスキップサービスを利用してみることにしました。

するといつもより5分余裕があるということで心に余裕を持って行動することが出来ました。

自動チェックイン機や窓口が混んでいたりなどと予想外の出来事で予定していた時間よりも短くなってしまう…などというアクシデントがスキップサービスを利用することでうまく回避することができます。

この記事を見てスキップサービスのことを知ったという人も元々知っていたという人も是非利用してみましょう!