北海道で人気のエアドゥとは

北海道経済を元気にするのがコンセプト

エアドゥは1998年に運航を開始しましたが、現在も含め、当時の北海道は鉄道では行きにくく、また県内でも飛行機での長距離移動が当たり前でした。

そのため地元のために航空機を利用することが経済活性のチャンスになるという考えがあり、大手の航空会社3社による寡占状態を打破する必要がありました。

北海道民のための航空会社の設立を目指して様々な方面で出資を取り付け、コストカットにより大手の6~7割程度の低運賃を実現した上で定期便を就航させました。

このコストカットは後のLCCの機内サービスを作るヒントになるものです。

その後は経営不振によりANAの支援を受けつつも、少しずつ知名度が高まり、北海道の翼としての役割を果たしています。

機内に入ると北海道の空気を感じます

エアドゥの飛行機に搭乗すると、季節ごとに装いが変わるマスコット「ベア・ドゥ」が目に入ります。

機内には北海道の観光やグルメ情報が得られる雑誌が置いてあり、旅行の期待感が高まっていきます。

その後離陸すると、飛行中の1~2時間で機内販売やドリンクサービスが行われ、じゃがバタースープやサッポロビール、北海道ワインを飲むことで早くも北海道の味を堪能することができるでしょう。

道民に対するサービスも充実しており、北海道に住む方向けの道民割引、セイコーマートでのコンビニ支払いなど、北海道を大切にする姿勢が感じられます。

新しい定期路線の開発にも力を入れていることから、北海道と日本各地を結ぶ交通手段としてその重要性はこれからも増していきます。

北海道旅行の際には北海道の翼、エアドゥを利用してみませんか?

エアドゥのチケット予約サイト

・・ ピンポイントにフライトを指定